黒板に書かれたたくさんのはてな

疲労回復の方法

本を広げて勉強をする人

これから求められるマッサージの仕事

便利な世の中になりましたが、パソコンやスマートフォンの利用によりじっとしていてもなんでも出来るようになりました。そのためか、運動不足による疲労が中々とれないという症状の方が増加傾向にあります。また、急激な運動や環境の変化により体がついていかず傷めてしまうこともあります。常に、自分の体はストレスにさらされている状態なのです。こんな時代に求められているのが体の隅々までほぐしてくれるマッサージ業界なのです。日本では国家資格として認められているのあん摩指圧マッサージ師の免許のみです。その他の整体やカイロプラクティックは民間資格です。国家資格を取るためには3年間の専門学校に通い、1年に1回の試験を受けなければなりません。アロママッサージやリフレクソロジーは民間資格になり、マッサージ店などの企業の練習などを受けてから店舗に立つという形式になっています。

資格を活かせられる仕事

資格を持つということは責任も必然的についてきます。患者さんの体に一番合った方法を選択しなければなりません。マッサージの仕事はただ、撫でたり押したりするだけでなく症状を読み取り、適切な圧で行う必要があるのです。また、資格を取ったからといってすべてが終わりではなく、そこがスタートになるということも考えておく必要があります。資格を取るということをゴールるにするのではなくそこからが癒しの世界へのスタートと思うと成功への道は開けてきます。マッサージを受けに来られる方は疲労や痛み、違和感などを訴えて来られます。また、会話を楽しみながらという方もいらっしゃるため臨機応変に対応することもマッサージ師として必要な要素になります。より多くの施術を行うことにより人間力もあがり、収入も増やすことが可能になります。